2017年 合格体験記


安達 保乃香 (山形東)

早稲田 社会科学部 合格
 自分軸をしっかりと持ち、将来の展望を明確にしたことが合格の大きな要因になったと思います。社学の自己推薦は、強烈な個性と学業外の活動実績が評価のポイントです。かといって過去の実績のみを単に述べるだけでは足りず、自分がどう成長し何を得たかが重要でした。
 また、こちらで小論文指導を受けたことも合格の鍵となりました。横井先生のおかげで、論が上手に組み立てられるようになっただけでなく、自らの視点で社会を考察する力が大いに付きました。本やニュースに関心がなかった自分でも、社会を自分の目で捉えることに楽しさが感じられるようになったのは、この塾のおかげだと思います。
母親より
 娘が難関の早稲田大学社会科学部に自己推薦で合格した要因は2つあると思います。一つはただ漠然と大学を選んだのではなく、将来どんな仕事をしたいか、その為に何を大学で学ぶか、その分野が学べるのは○大学の○学部だ、この教授に学びたいという明確なビジョンを持ち、「絶対に入りたい」という強い意思を持ち続けた事だと思います。それは、志願書と面接にも大いに表れ評価されたのではないかと思います。
 また、娘の10年来のライフワークであるボーイスカウト活動が、自己推薦の要項に合致していた事も強い気持ちの後押しにもなりました。
 二つ目は、明徳スクールとの出会いです。社会科学部二次試験は小論文があります。本をまったく読まず、あまりニュースを見ない娘には難関でした。しかし横井先生との出会いで1ヶ月足らずで見違えるような文章が書けるようになりました。当日も自信をもって臨む事が出来ました。本当に感謝しております。

今 実紅 (山形東)

慶應義塾大(看護・医療学部)・東京医科歯科大医学部(看護) 合格
 この度、東京医科歯科大学に合格しました今実紅です。私は入会したのがセンター後に受験校が決まってからだったので短期集中でしたが先生は一から一つずつ丁寧に教えてくださいました。問題文だけでなく、自分の作った解答すらも理解できなかった私を、怒ったり馬鹿にしたりせずに基礎をしっかり詰め込んでくれた横井先生のおかげで、入会から二週間で慶應義塾大学、1ヶ月で東京医科歯科大学の問題に立ち向かうことができるくらいに成長することができました。また、短期集中で合格させてほしい無理な要望にも応えてくれて、温かく支えてくれた先生方には本当に感謝しています。ありがとうございました。