2019年 合格体験記


高橋 未来(山形北高卒)

岩手県立大学 ソフトウェア情報学部 合格

 一年間明徳予備校に通い、私は現役時代に足を引っ張っていた教科を基礎から見直し、前年度よりも良い点数を取ることができました。特に数学は、何度も問題を解き直すことで、今まで解けなかった問題が解けるようになりました。一年間頑張ってこられたのは、先生方が親身に話を聞いてくださったおかげだと思います。ありがとうございました。

柳澤 那由多(日大山形高卒)

山形大学 地域教育文化学部 文化創生コース 合格

 正直、「ただ家が近いから」という理由でこの予備校への入学を決めたのですが、私はこの予備校だったからこそ、合格できたのだと思います。辛いことが多かった一年でしたが、この一年で「努力はした分だけ結果になる」ということを私は学びました。休むことが多かった私を、最後までサポートしてくださった先生方に本当に感謝しています。ありがとうございました。

高村 ちひろ(山形西高卒)

山形県立米沢栄養大学 健康栄養学部 合格

 私は高校時代からよく体調を崩していたため、この一年は体調を整えながら勉強していました。授業に出席できない時もありましたが、自分のレベルに合った課題や先生方の丁寧な添削など、たくさんのサポートをしていただきました。体調も良くなり希望していた学部の大学に合格でき、一年間頑張って良かったなと思っています。

佐藤 萌

埼玉県立大学 保健医療福祉学部 看護学科 合格

 私は高校を中退した後、予備校に入りました。なかなか体調が優れず、予備校に通えないこともありましたが、先生方の献身的なサポートや丁寧な授業のおかげ、無事大学に合格することができました。受験生活は長く、辛いことの連続でしたが、この経験を生かしてこれからも頑張っていきたいと思います。ありがとうございました。

鈴木 里佳子(山形西高卒)

実践女子大学 生活科学部 生活心理専攻 合格

 私は勉強から離れていた時期があったので、基礎から学び直しました。そのおかげで自分の中で抜けていたところがしっかりと身につき、特に英語は現役の頃より理解を深めることができました。先生方も温かい方たちばかりで、精神面でもとても支えになりました。本当にありがとうございました。

2018年 合格体験記


荒井 七海(米沢興譲館高卒)

千葉大学 教育学部 小学校音楽選修 AO入試 合格

 私はこの一年間で「考えることをやめないこと」が大切だと感じました。これは問題を解く時も将来を考える時も同じです。高校までの私は常に何とかなるだろう、と流れに身を任せていました。しかし、何とかなるだろうと思う人間ほど何ともなりません。浪人の期間は勉強だけでなく、自分を見つめ直せる猶予でもあると思います。これからも考えることを放棄せず生きていきたいです。

工藤 和樹(日大山形高卒)

山形大学 人文社会科学部 法政経コース 合格

 私は高卒で就職して約3年間働いていたので、ブランクがあるなかで初めての大学受験でした。しかし、先生方の丁寧な授業、サポートのおかげで不安なく勉学に励むことができた一年でした。 第一志望の大学に合格することができたのは、明徳予備校の先生方、予備校での仲間、支えてくれた家族など多くの方々のおかげです。本当にありがとうございました。

井上 将吾(新庄北高卒)

山形大学 地域教育文化学部 児童教育コース 合格

 「基礎力」をこれほどまでに叩き直すのはここだけだというくらい、明徳予備校は基礎を大事 にし、私は初歩から徹底的に教え込まれました。でも、高校で全く勉強しなかった自分にとって ここはとても合っていました。また、授業ではとても質問がしやすく、高校では味わえなかったものを実感できました。二次試験対策の小論文では大学に入ってから求められる力などを知ることができました。ここで学んだことや先生方のサポートなど、すべてが合格への道を切り開いたのだと改めて強く感じます。一年間お世話になりました。

鈴木 紘人(山形南高卒)

山形大学 理学部 理学科生物分野 合格

 現役生の頃は、全く勉強していなかった。高校までそれとなくしていれば良かったが、大学入試では一切通用しなかった。浪人生としての一年は、あっという間に終わったが、それでもこんなに勉強したのは初めてだった。結局最後まで英語に苦しめられはしたが、得意な生物で二次試験を闘えたのは幸運だった。得意は伸ばして苦手な克服はお早めに。

大内 爽平(山形南高卒)

静岡文化芸術大学 文化政策学部 芸術文化学科 合格

 僕から皆さんに伝えたいことは三つあります。まず時間を有効に使うこと。予備校には部活や 学校行事がないので、時間が空きがち、だからこそ、勉強と息抜きのメリハリをきちんとつけよう。二つ目は英語。英単語は単語帳などで早めにマスターしておこう。絶対に役立ちます。最後に月並みな言葉ですが、最後まで諦めず、さぼらず頑張ること。勉強を続けていけば必ず結果はついてきます。 ファイト!

赤間 未来(長井高卒)

創価大学 教育学部 教育学科 合格

 私は専門学校を中退しており、最初の模試では何もかも忘れていて4割程度の点数でしたが、夏休み前に取り組んだ基礎的なことが後半に活き、模試でA判定まで伸ばし、センター試験では 模試に近い点数で合格することができました。受験では模試の結果に一喜一憂せず演習通りの姿勢で挑むこと、また日常的に勉強でも気持ちの面でもたくさん考えて自分で答えを出すことが大切だと思います。悩むことも多くありましたが、たくさんの方から支えてもらいました。本当にありがとうございました。

中井川 千夏(仙台高専出身)

静岡医療センター附属静岡看護学校 合格

 高専を中退してから、2、3年のブランクがあり、予備校も休んだりしつつでしたが、先生方 の優しい気遣いとわかりやすい授業で合格することができました。ブランクがあり不安でしたが、 一緒に勉強した仲間や相談しやすい先生に出会えて、この予備校に入ってよかったと思っています。どんなに不安でも途中で諦めないことが大切だということを学ぶことができました。

田崎 詩織(南陽高卒)

山形病院附属看護学校 社会人入試 合格

 勉強から離れて十年以上、子育てをしながらの看護学校受験でした。一から勉強し直すような状態の私に、基礎から丁寧にご指導いただき、受験対策はもちろん、勉強することの楽しさ大切さも 教えていただいたように思います。明徳予備校で出会った全ての皆様に感謝いたします。ありがとうございました。